完 - アメリカでお気楽生活
aircooled.exblog.jp
Top
カテゴリ:the Beatles' UK( 8 )
イギリスまとめ
2004年 07月 11日
a0000281_121320.jpg
7月9日 <番外編>


イギリスの感想;
  1. 人が多い→タバコ臭い、ポイ捨てしすぎ→死ねボケー!!
  2. ぶつかっといても何も言わん
  3. 道を譲ってあげても何も言わん
  4. ごくごく一部のセール品を除けば日本やアメリカ価格から50~100%増って感じ
  5. 夏なのに革ジャンかよ!(その横にタンクトップの姉ちゃんがいたりとか)
  6. ビートルズ系の遺跡(!?)はだいぶ雰囲気違っちゃってる
なにやらすげーマイナス思考だよね… イギリスファンの人すいません。でも行けてよかったーーー。さらに、小ネタ;
  1. 2階建てバスの2階に犬がいた(誰の??)
  2. 意外とミニが少ない
  3. タバコのパッケージに「Smoking Kills」、しかもバリ高い(ざまあみろ、写真下)
  4. ついに発見、「手を乾かして頭も乾かして」(写真右上)
  5. なんじゃそりゃ?(写真左上)
    [PR]
by aircooled | 2004-07-11 12:03 | the Beatles' UK
次はいつ来るかわからんけど、あばよ!
2004年 07月 11日
a0000281_115711.jpg
7月9日


朝5時頃起床。近所のデリで朝飯を調達しようとしたけど、クレジットカードの使用は£10以上とかぬかしよるもんで却下。Regents Park駅に行ったら門が開いてない!!でも奥の方を見ると、半開きで人の気配もあるから待つことにした。数分で開いて無事地下鉄もやってきた。
Victoria駅で軽く朝食。ローカル線でGatwick空港へ。空港でも軽く食った(食ってばっか…)。
アトランタまで8時間くらいだったかな。えっらい長く感じた。で、さらにアトランタでも3時間以上待ち。早く帰らせろーーーー!!でやっと地元に着いた。エーチャン到着まであと1時間ちょっと。帰ってもいいけど、待つことにした。何気にVolksWorldを読んでてあと10分もすりゃ着くだろう、ってとこでアクシデント発生!!ゴミが入ったらしく右目に激痛!涙で流れるだろう、と思ってても全然よくなる気配がない。数分空港で泣いた後、近くの係員に「荷物見ててくれない?」って(涙目で)頼んだら「それはできないのよー。」って言われて荷物を持って便所に駆け込んだ。水道でバシャバシャ目を洗ってだいぶマシにはなったけど、まだ異物感が残る。特にまばたきすると痛い。なんじゃこりゃ!
とりあえずエーチャンを待った。到着後、再びトイレでバシャバシャ。今度は左手でまぶたをグワァーっと上に開いて、目ん玉をじっくり観察。なにやら茶色い薄いものが見える。目がかすんでるのか、それが原因なのかわからんけどとりあえずそれを指でそーっとこするようにして取ろうとしてみた(コンタクトユーザーなんで目ん玉触ることにあまり恐怖感はありません)。指を見てもわからんかったけど、痛みが取れた。よかった~。
そしてその後、さらにトラブル発生。駐車場に停めておいた車がなーい。さんざん探してやっと発見。スペアキーで開けたら盗難防止のブザーがプァーッ、プァーッ、… あー、リモコンじゃないとアラーム発生するんだった。ってわけで鞄をゴソゴソしていつも使ってる鍵発見。ようやく出発できました。

晩御飯はWendy'sでサラダ&じゃがバタ。物価が安いぜ、Viva La USAって感じ(ところでViva Laの正確の意味よくわからんのだけど)。

荷物を整理してて気付いた。今回土産が少ない。物価が高いせいだ!!

※ 画像撮影は7月8日早朝リバプールにて。
[PR]
by aircooled | 2004-07-11 11:58 | the Beatles' UK
Abbey Road他
2004年 07月 11日
a0000281_114925.jpg
7月8日


朝ってか夜目が覚めてそのまま起きてた。トースト4枚食った。バスの時間を6時と勘違いしてた(ホントは6時半)。約1時間前にバスターミナルに着いちまった。ってか外は普通に寒い。ブルックリンで買ったダサジャージ着てても寒い。
バスではひたすら寝ようとした。…らなにやらメカニカルトラブルらしく(寝ぼけてたのと訛りきついのとであんまり理解できなかった)後から来た別のバスに乗せられた。ま、そんなに遅れることなくロンドンに到着。
Day Passを買って数日前までいた宿に。チャックインしてすぐおでかけ。リバプールで買ったビートルズマップを片手に各地へ。
Abbey Roadだーーーーーっ!…でもねあのジャケットからもう40年くらい経ってんだよ。俺のイメージとやっぱり違っちゃってる。スタジオもなにやら近代的っぽい感じだったしさ。だーーーーーっ、タイムスリップしてぇ!
屋上でGet Backとかやったあのビルにも当然行きました。登りてぇ… めっちゃめちゃ登りてぇ。£50払うから誰か登らせて!ちなみに、ここに辿り着くにはけっこう苦労した。Savvy Roadがなかなか見付からなくて。
さらにこの後、尻ポケに入れてた地図が落っこちてベタベタに(雨が降ったりやんだり)。ま、見付かっただけマシなんだけど。

腹が減ったもんでコンビニ(薬局?スーパー??)でサンドイッチ・ジュース・ガムを購入。合計金額を聞いた瞬間、サンドイッチがレジのモニターの死角に入ってたらしく計算されてなかったことに気付いた。何気なーくサンドイッチをビニールに入れて珍しくけっこう安くついた。さえる~。ってかこれって万引き!?いや違うな、向こうのミスだ。いいんだよ、今までさんざん俺から金を毟り取ってきたイギリス経済。

さらにしばらくしてKFC(Krunchy Fried Chickenじゃないよ→2日前の記事参照)で99ペンスのミニ鳥系バーガーとチキンポップ!?を購入。これでも最後だったんでリッチに食ったつもりです。
イギリス終~了~!
[PR]
by aircooled | 2004-07-11 11:50 | the Beatles' UK
ビートルズの足跡
2004年 07月 11日
a0000281_113144.jpg
7月7日


深夜1時に目が覚めた。クソオヤジのイビキがめちゃめちゃうるせー。そいつは前日の夜11時頃に、電気が点いてて明るくて寝れん、とか言って文句言ってやがったアホだ。バカか、ここはドミトリーだ。無意味に騒ぐのは別として普通に12時過ぎに帰ってきても誰も文句は言えん。それが嫌ならシングルに泊まれ。その金がないなら旅するな!まったく世の中には頭の悪いおっさんがいるもんだ。っちゅかマジうるせーーーーーーー!!!!!!

おかげでバリ眠い。しかし気合で8時半に起きて、今日は港の方(と言っても川なんだけど)に向かった。イマイチ空き店舗が目立ってたけどなかなかそそられる店もある。軽く下見!?をして真っ先に向かったんはBeatles Story。これまた入場料が高ぇ(£12.5)。中はまぁまぁって感じかな。Cavarn Clubの再現とかジョンの白い部屋&白いピアノなんかがよかった。

その後さっき入った店何件かでお買い物。インテリアの本2冊(£29.98!!自費じゃとても手が出ません)、マグカップ、マグネット、ステッカー、絵葉書なんかをゲット。
ツアーまでまだ時間があるんでその辺をうろうろした。Liverpool FCの店を発見。白のゲーシャツ(ゲームシャツの略、決してゲイのシャツではない!)を£9.99でゲット。これ女モンだったけどSでちょうどよかった。ちょっと腰のラインがくびれててセクシー!?

そしていよいよMagical Mystery Tour。バスは満員、むしろダブルブッキング。「3人誰か。今日の分払い戻し+明日無料で!」って。あー、明日もいるなら真っ先に手ぇ上げるのに…
Penny Laneのサインはファンが持ってっちまうもんで手書きになっている。誰かの落書きみたいでけっこうショボイ。誰だ、パクってったアホ供は??それは俺のもんだーーーー(??)!!
その他メンバーの住んでたとこなんかを周った。そして忘れちゃいけないStrawberry Field。めっちゃ見たことある風景。頭の中でStrawberry Fieldがかかる(しかもAnthology 2の1曲目のバージョン)。実際中はけっこう草ボーボーだった。
そんなこんなでツアーは修了。そのままみんなCavern Pubに入ってった。ここはCavern Clubを再現したところ。中は聞いたとおり狭い。この距離でビートルズを見れた人が羨ましい。他にもチャック・ベリー、クラプトン、ジミヘン、クイーン、ストーンズなどすんげぇ豪華なメンバーが今までCavern Clubで演奏してる。あ~、その時代に行ってみてぇ!!

ツアー後にくれたクーポンを使ってショットグラス(→酒なんて全然飲まんのにね)を買ったら、ポスターをくれた。しかしこれは帰りのアトランタ空港の便所で洗顔して忘れることになる… 大バカ野郎!

閉店間際(警備員も早く帰りたそうにしてた)のnevとか言う店(ん?nev??そーいやジャスコでバイトしてるときそのブランドのTシャツ売ってたな)で黒ジャージを購入。ここのセール品はイギリス来て初めて安いと思った(セール以外は普通に高ぇ)。いい感じの革靴があったんだけど、先っぽの方色がはげてたからやめた。メーカー名のないような靴って一歩間違うと「それウォルマート?」とか言われそうでなかなか怖い。

宿併設のカフェでvegie burgerを食った。ボリュームたっぷりでなかなかよろしかった。肉の代わりはなんだったんだろう、豆腐かな?

うしっ、世はほぼ満足じゃ。ぐっばいBeatles City!
[PR]
by aircooled | 2004-07-11 11:33 | the Beatles' UK
LIVERPOOL
2004年 07月 11日
a0000281_75430.jpg
7月6日


朝8時に起きてVictoria駅に向かった。朝飯は駅近くのサブウェイ。でもやっぱり高ぇ。心なしかアメリカと比べてパンが小さい(短い!?)気がした。
インフォで聞いたら俺が行くべきところはちょっとだけ離れたVictoria Coachの方だった。早めに聞いといてよかった。Coachってやっぱりバスか、ずーっと電車の旅のつもりだったんでちょっとがっかり。ま、£6だからね…

バスに乗り込んだら、隣に日本人!?って感じの女の子が座ってきた。最初ちょっと無関心を装ってた(実はめっさ気になってた)けど、ちょっとしてから喋り出した。けっこうかわいかったし。
香港出身のFenniちゃん(同い年)、ビミョウに服がちょっとおばちゃん入ってる!?電話番号聞かれたけど、俺の携帯海外で使えないもん!ってこの時点で相手の番号を聞かなかったバカバカ俺。
Fenniは途中で下車。

そしてついにリバプール到着!!!!リバプール→ビートルズ→リバプール→ビートルズ→∞
バスターミナルで地図をもらって、現在位置を把握するのにちょっと苦労したものの、なんとか徒歩で宿に到着。本日のお宿はココ。部屋に入るとこぎれいだけど10人部屋… 置いてあるものを見ると男女混合っぽい。
とりあえず明日のMagical Mistery Tourに参加できんと洒落にならんので、Tourist Infoに向かって即効で予約。そしてそこでやっっっっっっと見付けたビートルズ絡みの地図を発見!!!!!!しかーーーーーーーーし、リバプール版が£3、ロンドン版が£1.5。高ぇわ、ボケッ!!しかも本じゃなくて、ペラペラの折り曲げてあるだけのパンフレットみたいなんだぞ。
しかし当然俺は買いました。これってさー、公衆トイレに入りました。出すもん出した後、紙が無いことに気付きました。ポケットティッシュも持ち合わせていません。ふと横を見ると、ちょうどティッシュの自販機が。しかし¥1000/mです。みたいなもんだよね(説明長い!)。

£3を片手にひたすらビートルズの名所(!?)巡り。リバプールってけっこう小さな都市なのね。Penny LaneとかStrawberry Fieldなんかは遠いみたいだけど。ダウンタウン(?)周辺のものはほぼ制覇したかな。でも… やっぱり俺来るの遅すぎだよ。全然別の建物になってるとこが多かった。写真撮ってても「お前何撮ってんの?」みたいな目で見られることも多かった。
The Conservation Centreってのを探そうと地図を見てたら、おっちゃん2人が「迷っただべか?」と声をかけてきた。そんでめっさ丁寧に行き方を教えてくれて、途中まで一緒に行った。と思ったら「一杯飲んでくべか?」と言われ、パブに入った。ビール嫌いな俺は「ビール以外がいいなぁ。」と言ったらオレンジジュース… そーゆーもんか??まおごってもらったんで文句は言えません。ってかそのうち1人の方はどえりゃ~訛りがきつかった。リバプールの洗礼。

歩きまくってたらもう9時前(でもまだ明るい)。Krunchy Fried Chicken(クランチーはCrunchyだろ!!)って店を発見。おもしろそうだからそこで晩飯。注文して待ってると、やんちゃなガキ2人が何か生意気で、おいたをしたみたいでアラブ系の店員に「Get out!!」って追い出されてた。フライドチキンは普通、ポテトの油切りが足りずにイマイチでした。もちろん高ぇ。

シャワー浴びてたら、だんだん水になってきて体ちゃんと洗えんかったわ。
[PR]
by aircooled | 2004-07-11 07:52 | the Beatles' UK
FISH AND CHIPS
2004年 07月 10日
a0000281_233621.jpg
7月5日


物価が高くて普通に食うのはきついので朝飯はその辺のデリで買ったラップ(それでも高ぇ)。ビッグベンの近くの公園で食った。こののんびり感、すげぇ好き。
テムズ川を渡ってベンとHouses of Parliamentの写真を撮っといた。ま、一応イギリスらしいとこてことで。
その後は昨日買った "The London Market Guide" っちゅー本を見ながらいろいろマーケットを見て歩いたがどれも小さかったり、やってなかったりでイマイチ。

お~なかがすいた~。とは言え、スニッカーズも100円越えるロンドン。ホワイト板チョコとバナナ味ヨーグルトドリンクで昼飯修了。肉食わせろーーーー!

Tower Bridgeを渡ってDesign Museumに行ってみた。この橋はすげーロンドン、って感じな橋。落ちることで有名な(?)London Bridgeは実は昨日渡った。なんてこたぁない、ごく普通な橋じゃん。かなりがっかり。俺の中の世界三大がっかり名所に入れておこう。
「大人1枚。」って頼んだら、受付の兄ちゃん曰く、なんだかの理由で(←忘れた)展示が一部しかやってないとのこと。そんなんに金払うんは嫌なんでやめた。でもせっかくだから併設の店で本を2冊購入(これは経費)。

宿からわりと近くにあるBeatles Shopを探したが見付からなかった(後ほど発見)。さらにマーケットを探してウロウロした。ついでに(ほんとたまたま降りた駅でバッキンガムこちら、って看板を見付けたから)バッキンガム宮殿にも行っといた。そこまで行っといて、遠目から写真だけ撮って(だってあんまし興味ないもん)兵隊を見てくるの忘れた。むしろベッキンガム宮殿(旧ベッカム邸、今でもベッカム所有なんかな?)のがおもしろそうだ。

夕飯は昼間歩いてて見付けた店でFish & Chips。なぜその店かと言うと、看板が出てる中で一番安かったから。それでも£4もするんだけどね(それを安いと言わざるを得ない高々ロンドン)。なんとな~く噂には聞いてたけど… ま、ただの魚フライ(衣は固め)とフライドポテトじゃん。この値段なら地元のCapitol Marketで同じもの2個頼めそうだね。

ふぅ、こっち来てからまともな食事してないぞ。明日あたり、俺は栄養失調で倒れるかもしれません…
[PR]
by aircooled | 2004-07-10 23:37 | the Beatles' UK
俺様がやってきた ヤア!ヤア!ヤア!
2004年 07月 10日
a0000281_144114.jpg
7月4日


<注>£1=¥200ってとこ

空から見ると森しか見えないようなとこにあるGatwick空港。そこに朝6時頃到着。アメリカに次いでテロに狙われそうなイギリスなのに入国審査はよい感じだった。おぉー、当たり前だけど審査官イギリス英語だぜ。しかも税関はほとんど素通り。

自販機で切符を買おうとしたらカードを読み込んでくれんかった。窓口に行ったらローカル線もある、ってことになってそっちのが安い(£8、エクスプレスは£12)んでそっちにした。朝だからそんな急いでもしゃーないしね。
Victoria駅に到着、地下鉄(Underground or Tubeと呼ぶらしい)に乗り換えた。

本日のお宿はInternational Student House。地下鉄降りて、歩いてたらなぜかJFKの胸像があった。
ISHはでかい。入り口もカードキーだし。チェックインは12時半以降しかだめ、ってゆーからしかたなく£1も払って荷物を預けた。

さっそくガイドブックを見て、よさげなCamden Marketへ。ガイドブック曰く、土曜日がお勧め、日曜は"crush"らしい。今日はその日曜日。行くぜー、crush!!
って10時くらいに着いたけど、全然やる気ないがん。みんな開店準備中か、まだ開く気配すらない。
しかたなくその辺の屋台でチーズベーグルとエスプレッソ(single頼んだらメチャちっこかった)で700円弱。高ぇーーーーーー!!
ちょっとずつ活気が出てきたけどcrushには程遠かった。ワーゲンやミニクーパーの看板とかいろいろ欲しいものはあったけど何気にみんな高い。古着もやや高い。
かなり迷ったが結局収穫ゼロ。

地下鉄でPicaddily Circusに向かった。12時にこの人と待ち合わせ。20分くらい早めに着いたんで、その辺をウロウロしてた。ロンドン、見たことない車がけっこうあるぞ。あの黒いタクシーは何なんだ??

そして待ち合わせに指定された、Picaddily CircusのVirgin Record隣の噴水(写真右)へ。太った主婦が「ブヒブヒ」言いながら現れて、汗を拭きながら「ハァハァ」息するのかな~、なんて考えもあった。日本人っぽい女の人がいたから近寄ってったら、「あー」って感じで。全然ブヒブヒしてなかったッス。普通にきれい系な姉ちゃんでした。
とりあえず俺は現金がないんで両替。「だーーーーっ、レートの計算間違えた!」クソ悪いレートで替えちまった。
んで、中華街のとあるレストラン(写真左)へ。ヤムチャ、ヤムチャー。ごま団子ーーーーー!カリカリのやつ(名前不明)ーーー。他デザート等食った。でもお疲れのせいか普段より食欲は少なめ。2人で約£18。お、結構安いやんけー。なんて思った途端、違う違う、ドルじゃないって。£は×200。つまり約3600円。高ぇーーーー!しかも余分に出してもらっちゃいました。ちょっとだけゴチになりました!

別れたあと、本屋でビートルズ関連の本を探しまくった。イギリス=ビートルズってことでビートルズ縁の地をまとめたガイドブックがあるだろう、って思ってたけどこれがまた全然ない。マジでない。むかついた。これじゃイギリス来た意味がないぞ。

ユーロの決勝戦をスポーツバーかなんかで見ようと探したけど見付けられず。とりあえず腹が減ったんで晩飯はバーガーキング。鳥系サンド、ポテト、ダイエットコークで£3.75。高ぇーーーーーーー!!!
結局宿に戻ってフロントにあるテレビで最後の20分だけ見ました。ギリシャ人、これを見てたらおめでとう!

さあ、今日は何回「高ぇ」と言ったでしょう?そしてこれから何回言うでしょう??
[PR]
by aircooled | 2004-07-10 14:42 | the Beatles' UK
出発
2004年 07月 10日
7月3日


うちの空港の駐車場はネットで調べたところ$5.5/日らしい。7/3~9で7日間だから$38.5、タクると往復(チップ混みで)$40。ってわけで今回は車で行くことにした。
ちなみに、今回は100%プライベ~ツなんで自費です。

デルタのアトランタ経由。アトランタではヒマだった。
[PR]
by aircooled | 2004-07-10 14:14 | the Beatles' UK