完 - アメリカでお気楽生活
aircooled.exblog.jp
Top
◆ るぱん・じげん・ごえもん
2005年 05月 18日
夜中に映画「ルパン三世 Dead or Alive」を見た。むかついたんが、日本の映画なのに日本語音声はモノしかないってこと。ちゃんと5.1も用意しとけよ!
始まってすぐ気付いたのは、ゴエモンの目がさぁ… なんちゅーか… 乙女ちっくなんだよね。ゴエモンってもっと細い目じゃなかったっけ?なんかすっげー少女漫画な目してたぞ。
あ~、何も考えずに見れるのっていいねぇ。終わってからおまけ映像を見てみた。モンキー・パンチを初めて見た。すんません、俺彼はもう生きてないと思ってました。
ついでにちょっとだけ音声を英語にして見てみた。おい、全然違うぞ。1年くらい前だったか、テレビで朝4時くらいからやってた30分のルパンは音声けっこう日本のものに忠実で、とっつぁんの男らしい(?)声とか不二子のセクシーさとかいい雰囲気出してたんだが、この映画の声は全っ然ダメ。却下です!

この映画で人が真っ二つに切れるのとか、血がブシャーーーとかあるからきっとPGなんとかなんだろうな。だってコナンですらPGなんだから。バカみたいにそーゆーのを気にする国です。
ちょっとジャネットの乳が見えたくらいでアホみたいにピーピー騒いでたもんね。

そうそう、The Davinci Codeおもしろくなってきたがや。あれだね、姉ちゃんがアメリカ大使館に電話しろ、っつって実はそれは姉ちゃんの家の留守電だった、ってとこあたりから急に。一気に50ページくらい読んで疲れたぞ。
[PR]
by aircooled | 2005-05-18 12:00 | 普段の生活